自由奔放FGO日記

微課金プレイヤーの日記。

カルデアのマスターとして。

さて。

今年最後のイベント、始まりましたね。

序、2017/12/26



ダヴィンチちゃんも工房から姿を消して、強化する時も少し寂しいです…




そしてマイルーム

暗い…


我が相棒との今年最後?の記念撮影。

カルデアはどうなるのでしょうか…


この部分が凄く懐かしいww

Dr.ロマンを思い出しますねー…



FGOのマスターとして、これまで様々な事を知る事が出来ました。




少し昔話を…


俺が小学5年生の頃歴史の授業が始まって、歴史資料集を貰ったんですが

その中に卑弥呼からずっと、教科書に出てくる偉人が載ってたんです。


どんな人だったか、何をした人なのか。

色々載ってて、見てるうちに時間を忘れる程惹かれた思い出があります。


自分が生まれるずっと前にこんな人がいたのか!すごい!って

勉強なんて全くしなかった俺が家に帰ってまで資料集読んでましたからね…


それから中学生になって、歴史の授業内容も少し難しくなり、人物より当時の出来事などの内容が主になってからは、だんだん歴史の授業もつまらない…と思ってました。


高校でもそんな感じで、歴史も他の教科と同等な物に自分の中でなってました。



そんで高校を卒業して2年後ぐらいにFateシリーズを知ってからFateにはまって、

FGOリリース当初は前にも書いたけどFateっぽくない、という理由でやってなかったんですが…


まあ別物として遊ぼうと思いFGOを始め、少しずつ遊んでいくうちにいつのまにかハマってました。


ストーリーを進めていくうちに様々なサーヴァントと出会い、沢山の偉人を見て


あぁ…そういえば昔、歴史好きだったな…

って思い出しました。


難しくなっていく勉強の中でいつの間にか嫌になってたものを


FGOは歴史を好きだった頃の自分を思い出させてくれたんです。


それからはFGOに出た偉人系のサーヴァントをネットで調べるようになりました。


どんな人か見ていくうちに、小学生の頃のあの感覚が蘇ってくる…

こんな人がいたんだなぁ、すげーなぁって


FGOをやって本当に良かったと思いました。



…別に酔ってませんからね?酔狂よな、とか言わないで!



とまあ、俺のちょっとした昔話でした。



とりあえず次のストーリー解禁が楽しみですね!



それではこの辺で!